「情報学」の版間の差分

参考文献の追加
(参考文献の追加)
'''情報学'''(じょうほうがく、{{lang-en-short|information studies, informatics}})「[[情報]]」をどのように扱うかについてを考究する[[学問]]のことである。
 
== 概要 ==
[[現代 (時代区分)|現代]]の急速な[[情報化社会]]の進展に伴って現れた分野のため、はっきりとした範囲は定まっていないものの、情報が対象に含まれる諸研究や知見などを総称して「情報学」と呼称されている。
 
歴史的には、伝統的な[[図書館学]]に、文献情報の管理・検索に関する学問領域を取り入れた[[図書館情報学]] ([[:en:library and information science|library and information science]]) を指すことが多かったが、現在では、[[情報工学]]を含め、さまざまな[[学問]]が交差する[[学際]]的な分野として理解されている。情報学というと[[情報工学]]をはじめとする自然科学的な分野と見なされがちだが、本来の意味からしても、[[社会科学]]や[[人文科学]]も包有する分野だと言える。近年は、学際的な側面が強調され[[総合科学]]としても認知されている。
 
== 情報学の分野 ==
|pages =
}}
*レジス・ドブレ著、嶋崎正樹訳『一般メディオロジー講義』NTT出版、2001年。
*長尾真ほか編『岩波講座マルチメディア情報学』岩波書店、1999-2001年。
*北川高嗣ほか編『情報学事典』弘文堂、2002年。
 
== 関連項目 ==
3,372

回編集