「GUAM」の版間の差分

ウズベキスタンは[[2001年]]の[[対テロ戦争]]への協力でも明らかなように、親欧米路線を取っていたが、[[2002年]]からは離脱を表明、GUUAMの会議にも出席していなかった。最終的に、[[2005年]]に起きた国民の反政府運動が欧米勢力に煽動されたものとして、親露へ転じて脱退した。なお、ウズベキスタンは[[上海協力機構]]の結成メンバーでもあり、当初より4国と性格を異にしていた。
 
しかし、その後モルドバとアゼルバイジャンは[[全方位外交]]路線へと方針展開し、ウクライナでもロシアとの関係改善を掲げる[[ヴィクトル・ヤヌヴィチ]]が大統領に就任したことで、現在明確に反ロシア姿勢を明確しているのはグルジア一国だけである。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者