「式三番」の版間の差分

要出典の年月別整理-タグが貼られた日時:2008年3月29日08:16(UTC),2008年3月29日08:09(UTC)
(C:CITE分類、履歴2008年3月14日14:27(UTC)付け)
(要出典の年月別整理-タグが貼られた日時:2008年3月29日08:16(UTC),2008年3月29日08:09(UTC))
能が成立する以前の翁猿楽の様式を留める芸能が式三番である。[[観世銕之亟 (8世)|8世観世鐵之丞]]によると、もともとは五穀豊穣を祈る農村行事であり、翁は集落の長の象徴、千歳は若者の象徴、三番叟は農民の象徴であるとされる。
 
[[父尉]](ちちのじょう)・[[翁]](おきな)・三番猿楽([[三番叟]](さんばそう)、大蔵流では[[三番三]])および[[風流]]から構成されるが、父尉・翁・三番猿楽はかならず連続して上演されたためにこの呼び名がある。現在では父尉は省略し{{要出典|date=2008年3月}}、翁を[[能楽師]]が、三番叟を[[狂言師]]が担当する。いずれも筋立てというほどのものはなく、老体の神があらわれて天下泰平・国土安穏・五穀豊穣を祝祷する[[神事]]的な内容である。[[五番立]](ごばんだて)の場合には[[脇能]]に先だって、全体の[[祝言]](しゅうげん)として演ぜられる。
 
式三番に要する役者は、翁役の大夫([[シテ方]])、千歳役([[上掛り]]ではシテ方、[[下掛り]]では[[狂言方]])、三番叟役(狂言方)、面箱持役(上掛りに限って出る。[[狂言方]]。三番叟の段で問答の相手役を勤める)、笛方、[[小鼓方]]3名、[[大鼓方]]の計8ないし9名のほかに、[[地謡]]、[[後見]]などである。[[小鼓]]は3丁で連調し(シテになる小鼓方を頭取、残りの2名を脇鼓という)、[[大鼓]]は三番叟にのみ加わる。[[太鼓方]]も舞台には出るが、式三番に続いて上演される脇能(わきのう)から参加し、式三番そのものには加わらない。
*式能のためのもの
;初日之式、二日之式、三日之式、(四日之式)、法会之式
:江戸時代の式能において、数日間にわたって五番立の演能が行われる場合、初番の式三番は毎日同じもので飽きがくるために、各種の小書がつくられた{{要出典|date=2008年3月}}。各々その小書名にある日の演能に用いる(法会之式は法会用)。いずれも詞章に多少の違いがあるだけで、内容が大きく異るわけではない。小書のつかない[[常の型]]は四日目の式三番であるといわれるが、本来これが正規のものであったのを、後人が補って他の型を作ったものだろうとも言われる{{要出典|date=2008年3月}}。
 
*立合もの
;[[弓矢立合]]、船立合、十二月往来
:翁の数が三人(弓矢立合・船立合)に増え、祝言の謡を謡いながら[[相舞]](翔)をする。この小書にかぎって異流の太夫どうしで演じる特殊な演目である(地謡は混成)。すでに室町時代の[[多武峰]]猿楽に[[四座]]立合の翁が奉納され{{要出典|date=2008年3月}}、その由緒は古い。なお、弓矢立合は江戸時代に[[幕府]]の[[謡初]]式でかならず演じられた由緒ある曲である{{要出典|date=2008年3月}}。
 
===「翁付き」===
94,774

回編集