メインメニューを開く

差分

要出典の年月別整理、どの段階の日付にするか微妙なので、目安として、現在の記述内容に近くなりその構成で{{要出典}}が貼り直された 2009年4月26日11:42(UTC)付けで
 
#日本標準職業分類では、「[[彫刻]]・[[絵画]]・[[美術]][[工芸品]]などの[[芸術]][[作品]]の[[創作]]の仕事に従事するもの」と説明される<ref>日本標準職業分類 http://www.stat.go.jp/index/seido/shokgyou/1top.htm</ref>。 <br>また、同分類では[[収入]]を伴う[[仕事]]を[[職業]]とするため、収入が[[創作]]物に対してではなく[[大学]]における[[教育]]によるものは「大学教員」、[[予備校]]における教育によるものは「個人教師」と分類される。
# {{要出典|date=2009年4月}}[[美術]](=[[ファインアート]]主に絵画、彫刻、[[工芸]])の制作者、美術に関わる仕事をする者のうち、自身の表現[[媒体]]が[[平面]]、[[立体]]、などという専門的ジャンルにとらわれない美的表現を美術的思考のもとに構築し、表現活動を行う[[プロフェッショナル]]のこと。[[アーティスト]]とも。<br>日本の芸術系大学の美術科はFine art department、美術[[学士号]]はBachlor of Fine Art (BFA) と英語表記される。
 
 
 
 
西欧において「美術家」と職人が決定的に分かれたのは、[[18世紀]]後半から[[19世紀]]初頭にかけてである。|date=2009年4月}}
 
 
94,774

回編集