「原子力潜水艦」の版間の差分

原子力潜水艦の大部分が[[加圧水型原子炉]](PWR)を搭載していて、もう一方の代表的な原子炉形式である[[沸騰水型原子炉]](BWR)はあまり採用されていない。これは潜水艦が海洋状態や気象、艦の機動によって船体が揺れたり傾いたりする時に、沸騰水型では冷却水が炉心を十分に冷やせない事態が懸念されるためである。
 
加圧水型原子炉では蒸気発生器、加圧水を循環させる強力な循環ポンプとその高圧配管、さらに2次冷却水のためのポンプと配管が、沸騰水型原子炉よりも余計に必要とされるが、1次冷却水系統と2次冷却水系統が分離されているため2次系にある[[蒸気タービン]]や復水器といった補機類は[[放射線]]の危険から離れた位置で点検整備が可能となる。しかし、一次冷却水が何らかの形で漏洩した場合はこの限りではなく、特に蒸気発生器は複雑で脆弱な配管構造を持つので、信頼性の低い初期の原子力潜水艦においては、しばしば致命的な放射能漏れ事故の原因となった
 
加圧水型と沸騰水型のいずれであっても人体に有害な放射線を遮蔽して他の船内を安全にするため、原子炉は鉛等が組み込まれた専用の耐圧隔壁で分離された原子炉区画内に設置されている。原子炉区画は艦の後ろ寄りに設けられていることが多く、艦の主要な部分を占める前部とタービンや操舵機などのある後部を結ぶために、鉛などで防護された狭い通路が原子炉区画の上部や側面を貫いている<ref>岩狭源清著『中国原潜技術&漢級侵犯事件』 [[軍事研究]]2005年4月号 ジャパン・ミリタリー・レビュー2005年4月1日発行 ISSN 0533-6716</ref>。
匿名利用者