「アマンダ・クッツァー」の版間の差分

m
フェドカップのリンク修正 using AWB
m (フェドカップのリンク修正 using AWB)
{{テニス選手
|選手名(日本語)=アマンダ・クッツァー
|写真=Amanda Coetzer 2000.JPGjpg
|写真サイズ=230px
|写真のコメント=アマンダ・クッツァー、20002003
|選手名(英語)=Amanda Coetzer
|フルネーム(英語名)=
|ダブルス最高=15位
}}
'''アマンダ・クッツァー'''('''Amanda Coetzer''', [[1971年]][[10月22日]] - )は、[[南アフリカ共和国]]・[[ホープスタッド]]出身の元女子プロ[[テニス]]選手。身長158cm、体重54kg。女子プロテニス界では最も小柄な体格だったが、どんな球をも粘り強く拾いまくる強靭なフットワークを最大の持ち味にした。シングルス自己最高ランキングは3位。[[女子テニス協会|WTA]]ツアーでシングルス9勝、ダブルス9勝を挙げる。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。クッツァーは女子プロテニス界の仲間たちからも「最もエースを取りにくい選手」として警戒されていた。
 
[[1988年]]1月にプロ入り。[[1989年]]の[[1989年全仏オープンテニス|全仏オープン]]で[[グランドスラム (テニス)|4大大会]]にデビューする。クッツァーは[[1992年全米オープン (テニス)|1992年全米オープン]]から[[2004年全豪オープン|2004年全豪オープン]]まで、4大大会に「46大会」連続出場記録を持っている。[[1993年]]1月の「メルボルン・オープン」決勝戦で日本の[[沢松奈生子]]を破り、[[女子テニス協会|WTA]]ツアー初優勝。この年は9月に[[東京]]・[[有明コロシアム]]で開かれた「[[トヨタ・プリンセス・カップ|ニチレイ・レディース]]」でも優勝している。(この大会は[[1990年]]に創設され、[[1996年]]までニチレイ・レディースの名称であったが、[[1997年]]に「[[トヨタ・プリンセス・カップ]]」の名称に変更され、[[2002年]]限りで開催中止となったトーナメントである。)
 
[[1996年]]の[[1996年全豪オープン|全豪オープン]]では、当時15歳の天才少女[[マルチナ・ヒンギス]]を準々決勝で破ったが、続く準決勝で[[アンケ・フーバー]]に 6-4, 4-6, 2-6 で敗れている。[[1997年]]の[[1997年全豪オープン|全豪オープン]]4回戦で、当時の世界ランキング1位だった[[シュテフィ・グラフ]]を 6-2, 7-5 のストレートで破り、2年連続のベスト4に入る。[[1997年]]に、クッツァーはグラフから年間3勝を挙げた。5月中旬の「[[カタール・テレコム・ドイツ・オープン|ドイツ・オープン]]」準々決勝では 6-0, 6-1 で圧勝し、続く[[1997年全仏オープンテニス|全仏オープン]]準々決勝でも 6-1, 6-4 のストレート勝ちを収めた。(グラフはこの頃、左膝の故障が深刻になっていた。全仏準々決勝でクッツァーに敗退した後、直ちに手術を受けて全治6ヶ月と診断された。)これらの勝利で、クッツァーには「小さな暗殺者」というニックネームがついた。
 
その後もクッツァーは小さな身体に秘めた闘志でテニス・コートを走り続け、[[2001年]]の[[2001年全豪オープン|全豪オープン]]でベスト8に進出している([[ビーナス・ウィリアムズ]]に敗退)。
 
ダブルスでのクッツァーは、[[1993年]]の[[1993年全米オープン (テニス)|全米オープン]]で[[イネス・ゴロチャテギ]]([[アルゼンチン]])とペアを組んだ準優勝がある。クッツァーとゴロチャテギは、決勝で[[アランチャ・サンチェス・ビカリオ]]&[[ヘレナ・スコバ]]の組に 4-6, 2-6 で敗れた。
 
日本でプレーした回数も多く、毎年2月に[[東京体育館]]で開かれる「[[東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント]]」でも出場常連選手のひとりだった。[[南アフリカ共和国|南アフリカ]]でテニスの一時代を築いたアマンダ・クッツァーは、[[2004年]]6月に32歳で現役を引退した。
== 外部リンク ==
* {{WTA|id=1162|name=アマンダ・クッツァー}}
* {{Fed Cup|20001834|アマンダ・クッツァー}}
* [http://www.fedcup.com/teams/player.asp?player=20001834 フェドカップ成績表]
 
{{DEFAULTSORT:くつつあ あまんた}}
39,992

回編集