「時刻系」の版間の差分

編集の要約なし
*'''[[恒星時]]'''は[[恒星]]によって決まる時刻である。恒星日は地球が恒星に対して1回自転するのに要する時間である。1恒星日は約23時間56分4秒である。
*'''[[グリニッジ標準時]]'''('''GMT''')は[[本初子午線]]での時刻である。GMTは国際的な時刻基準として使われた。技術的に言えばこの目的のGMTは既に存在していないが、[[世界時]]が本質的にかつてのGMTを受け継いでいる。グリニッジ標準時は常用時(civil time)の国際基準としても使われた。この意味でもGMTは技術的にはもはや存在しないが、GMTという語は現在の国際基準であるUTCの同義語として今でも使われている。現在でのGMTは厳密には時刻帯の名称としてのみ存在している。
*'''[[国際原子時]]'''('''TAI''')はUTCを含む他の時刻基準の計算の基となる基礎的な国際時刻基準である。地球表面([[ジオイド]]面)上の[[座標時]]の実現と位置付けられる。TAIは[[国際度量衡局]](BIPM)によって維持されており、環境的・[[相対性理論|相対論]]的効果を補正された世界中の数多くの原子時計の入力を合成して作られている。また複数の原子時計の値を較正せず、単に平均して得られる原子時を[[自由原子時]](EAL)と呼ぶ。
*'''[[世界時]]'''('''UT''')は[[平均太陽日]]に基づいた時間尺度である。平均太陽日は地球回転の変動を可能な限り補正して一様に進むように定義した太陽日である。
**'''UT0'''は特定の観測地での地球自転に基づく時刻である。UT0は恒星や地球外の[[電波源]]の[[日周運動]]の観測から得られる。
匿名利用者