メインメニューを開く

差分

rv.61.46.136.232 2010年8月21日 (土) 03:04 UTC まで。
; ひろし - [[レッド吉田]]([[TIM (お笑いコンビ)|TIM]])
: やすこの夫。高校時代は近所でも有名なヤンキーだったが(ちよこ曰く「錆びたナイフどころでなく、錆びた出刃包丁ほどの威力があったらしい)、やすこに一目惚れして入り婿の形で結婚し、今ではすっかり丸くなって家事・炊事を完璧にこなし、知恵袋的裏ワザを駆使し漱石を感嘆せしめる。あまりの美味に漱石をうならせたカレーはルー作りの際、玉ねぎを3時間炒める程に本格的である。[[勃起不全|ED]]だったが漱石の叱咤激励により回復し、最終回の時点では「週2」だと明かす。家付き娘のやすこに、卑屈と思われるほどに低姿勢でアゴでこき使われる姿から、憤慨した漱石に陰で「[[丁稚|でっち]]」と命名されている。
; ゆうた - [[谷村拓哉]]
: やすことひろしの一人息子。じゅんと仲が良い。ひろしになついており、やすこが飲み歩きのため数日、麻雀で一週間家を空けても日頃から家事・育児はひろしが一切をこなしているため特に支障はなく、矢名家で父子で夕食をとることも少なくないため一家団欒に不自由することなくすくすくと育っている。
; つぼみ - [[能世あんな]]
; すみれ先生 - [[原史奈]]
: じゅんの小学校の担任。じゅんの作文に「まあまあです」という評価を与えて漱石を激怒させた。最初は漱石から「美しいが化粧が濃い」と思われていたが、やがて漱石に惚れられてしまう。
; 五十嵐コウジ - [[坂巻恵介]]
: まゆみの彼氏。まゆみが清水圭に出したファンレターの返事を、みどり達がコウジからのラブレターだと勘違いしたことがきっかけで、以来矢名家の人々からはいつも「清水君」と名前を間違われる。一度まゆみを襲おうとしたため、ちよこから「強姦魔」と呼ばれ、まゆみが心配で仕方がないたかしからは本気で何かとツツかれている。後にチーズケーキを差し入れに矢名家を訪れた際も「強姦見舞いです」と自虐ネタを放つも当然のごとくちよこに睨まれることになる。
; 小松徹 - [[岡田義徳]]
; 柴田 - [[有吉弘行]]
:ももえの夫。義父としてももえの連れ子と仲良くなるよう努力していたところ、母性よりも自分を構って欲しいももえに矢名家へと逃げられる。しかし漱石の説教でももえは改心し復縁したため、やがてやな書房に一家で住むことに。もともと[[ローソン]]の店長だったが、たかしが郵便局を辞めた後は、後任として郵便配達をしている。基本的に地味で存在感がなくあまり名前を呼ばれない。
; 矢名ゆかり- [[山口真璃亜]]
: ももえの娘。中学生。明るい茶髪に染めている。
; 矢名めぐみ- [[豊田聖亜]]
: ももえの娘。小学生。明るい茶髪に染めている。
; みな子 - [[宮地雅子]]
; 鈴木 - [[青木和代]]
: やな書店の近所の魚屋のおかみ。ご近所茶飲み話グループのメンバー。ヤン様のファン。
; 小森 - [[三鴨絵里子]]
: やな書店の近所の豆腐屋のおかみ。ご近所茶飲み話グループのメンバー。ヤン様のファン。
; 郵便局長 - [[不破万作 (俳優)|不破万作]]
== スタッフ ==
* 脚本・タイトル題字 - [[宮藤官九郎]]
* 演出 - [[高成麻畝子]]、坪井敏雄、木村政和(ペ・ヤングン役)、川嶋龍太郎
* 演出補 - 酒井昌男、川嶋龍太郎、木村政和、大澤祐樹、渡部篤史、飯田和孝
* 記録 -巻口恵美