「MOX燃料」の版間の差分

編集の要約なし
'''MOX燃料'''('''モックス'''ねんりょう)とは混合酸化物燃料の略称であり、[[使用済み燃料]]中に含まれる[[プルトニウム]]を[[再処理工場|再処理]]により取り出し、[[二酸化プルトニウム]](PuO<sub>2</sub>)と[[二酸化ウラン]](UO<sub>2</sub>)とを混ぜたものである。
主として[[高速増殖炉]]の燃料に用いられるが、既存の[[軽水炉]]用燃料ペレットと同一の形状に加工し、核設計を行ったうえで適正な位置に配置することにより、[[軽水炉]]のウラン燃料の代替として用いることができる。これを[[プルサーマル]]利用と呼ぶ。
 
* [[軽水炉]]
== 参考文献 ==
*小林圭二・[[西尾漠]]『プルトニウム発電の恐怖』創史社
 
 
82

回編集