「征伐」の版間の差分

編集の要約なし
'''征伐'''(せいばつ、conquest または subjugation)とは、[[反乱]]を起こした勢力を[[鎮圧]]したり、反社会的な犯罪集団・[[犯人|賊]]などを[[武力]]で[[処罰]]([[懲罰]])することをいう。実際には[[プロパガンダ]]([[政治宣伝]])として、政治的に敵対する勢力・敵国や[[異民族]]に対して[[武力行使]]([[攻撃]]・[[侵攻]]・[[侵略]])をしかけるときに使われることが多い。「'''征討'''」(せいとう)・「'''討伐'''」(とうばつ)・「'''出征'''」(しゅっせい)もほぼ[[同義語]]であり、「[[征服]]」に比べて「悪者を懲らしめる」という意味合いが強い。
 
==「征伐」「征討」の言い換え==
従来は「征伐」「征討」「討伐」と呼ばれていたものが、[[差別用語]]と見なされて<ref>藤木久志『豊臣平和令と戦国社会』東京大学出版会 1985年 </ref>、「~[[役]]」「~[[攻め]]」「~平定」などと言い換えられている事例が少なくない(下記の例を参照)。
 
==おもな「征伐」「征討」と呼ばれる例==
248

回編集