「小胞体」の版間の差分

図追加
(図追加)
[[ファイル:Biological cell.svg|thumb|400px|典型的な動物細胞の模式図: (1) [[核小体]](仁)、(2) [[細胞核]]、(3) [[リボソーム]]、(4) [[小胞]]、(5) [[粗面小胞体]]、(6) [[ゴルジ体]]、(7) [[微小管]]、(8) [[滑面小胞体]]、(9) [[ミトコンドリア]]、(10) [[液胞]]、(11) [[細胞質基質]]、(12) [[リソソーム]]、(13) [[中心体]]]]
[[Image:nucleus_ER.png|thumb|right|320px|'''細胞核の概要'''(1) [[核膜]] (2) [[リボソーム]] (3) [[核膜孔]] (4) [[核小体]]
(5) [[クロマチン]] (6) [[細胞核]] (7) [[小胞体]] (8) [[核質]]]]
'''小胞体'''(しょうほうたい、{{lang-en-short|endoplasmic reticulum}})とは[[真核生物]]の[[細胞小器官]]の一つであり、一重の[[生体膜]]に囲まれた板状あるいは網状の膜系。[[核膜]]の外膜とつながっている。[[電子顕微鏡]]による観察でその存在が明確に認識された。