「社会的費用」の版間の差分

 
== 概要 ==
市場経済は企業の利潤最大化と個人の[[効用最大化]]を共に達成しようとする経済であるが、この各経済主体の行動によって、[[大気汚染]]や[[渋滞|交通渋滞]]など、経済にとってマイナスの要因(外部不経済)を生ぜしめることがある。[[市場の失敗]]と呼ばれるものの一つであり、これによって社会が負担する費用が社会的費用である。
 
この概念は1920年代にすでに<!--ラウシュマンによれば、[[ジョン・モーリス・クラーク]]、[[フランク・ナイト]]によって-->注目されていた<ref name="4-641-08504-8">[[植田和弘]]ほか『環境経済学』、[[有斐閣]]、1991年、ISBN 4-641-08504-8、85ページ。</ref>が、この概念を明確化したのは[[カール・ウィリアム・カップ]] ([[:de:Karl William Kapp|Karl William Kapp]]) である<ref name="4-00-000929-X">[[カール・ウィリアム・カップ|K.W.Kapp]] 著・篠原泰三 訳『私的企業と社会的費用—現代資本主義における公害の問題』、[[岩波書店]]、1959年、ISBN 4-00-000929-X。原著は ''THE SOCIAL COSTS OF PRIVATE ENTERPRISE'', [[ハーバード大学|Harvard University]] Press, 1950.</ref>。
匿名利用者