「ランヴィエの絞輪」の版間の差分

髄鞘より図を転載
m (ロボットによる 追加: tr:Ranvier Boğumu)
(髄鞘より図を転載)
[[Image:Neuron, LangNeutral.svg|thumb|400px|[[髄鞘]](e)をもつ末梢[[ニューロン]]の模式図。[[軸索]](d)に[[シュワン細胞]](f)が幾重にも巻き付くことによって髄鞘が形成されている。 シュワン細胞のすき間には[[ランヴィエの絞輪]](g)がある。(a)[[樹状突起]]、(b)[[細胞体]]、(c)[[細胞核|核]]、(h)[[軸索]]終末]]
'''ランヴィエの絞輪'''(ランヴィエのこうりん、'''ランヴィエ絞輪'''、node of Ranvier)は、[[神経細胞]]の[[軸索]]繊維のまわりの[[髄鞘|ミエリン鞘]](髄鞘)に規則的に存在する間隙のことをいう。 ミエリン鞘は一部の軸索に存在する脂質の層であり繊維の絶縁性を高めているが、およそ 1 µm の幅をもつランヴィエの絞輪の部分では、軸索の[[細胞膜]]はミエリン鞘化されることなく細胞外液にさらされている。 これは[[活動電位]]の[[跳躍伝導]] ([[:en:saltatory conduction]]) で重要な役割を果たしている。