「ブラ-ケット記法」の版間の差分

編集の要約なし
m (-cat)
編集の要約なし
'''ブラ-ケット記法''' ((ブラ-ケットきほう、bra-ket notation) notation)は[[量子力学]]における[[量子状態]]を記述するための標準的な記法である。
 
この名称は、二つの状態の[[点乗積|内積]]が[[角括弧|'''ブラケット''']]を用いて <math style="vertical-align: -26%; line-height:100%;">\langle\phi|\psi\rangle</math> のように表され、さらに左半分 <math style="vertical-align: -26%; line-height:100%;">\langle\phi|</math> を'''ブラ'''ベクトル、右半分 <math style="vertical-align: -26%; line-height:100%;">|\psi\rangle</math> を'''ケット'''ベクトルと呼ぶことによる。この記法は[[ポール・ディラック]]によって発明され、'''ディラックの記法'''としても有名である。
 
{{DEFAULTSORT:ふらけつときほう}}
{{Link FA|ia}}
 
[[Category:量子力学]]
[[Category:情報理論]]
 
{{Link FA|ia}}
 
[[ca:Notació bra-ket]]
匿名利用者