「トニー・ベネット」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: fa:تونی بنت)
| 備考 =
}}
'''トニー・ベネット'''('''Tony Bennett''', [[1926年]][[8月3日]] - )は[[アメリカ合衆国]]の[[ポピュラー音楽]]の[[歌手]]。[[ニューヨーク州]][[クイーンズ]]生まれ。[[イタリア系アメリカ人]]で本名は''Anthony Dominick Benedetto''。芸名は本名を切り詰めたものである
 
[[アメリカ合衆国]]において最高の男性ヴォーカリスト、エンターテイナーと称される存在。
 
[[1950年]]に[[コロムビア・レコード]]と契約。[[1950年代]]から[[1960年代]]にかけて「ビコーズ・オブ・ユー」、「コールド・コールド・ハート」、「霧のサンフランシスコ(I Left My Heart in San Francisco)」などの世界的な大ヒットで不動の人気を築いた。
 
朗々とした発声を得意とする豊かな声量の持ち主である一方、トーチ・ソングなどでの細やかな表現力にも優れるなど、ポピュラーシンガー、およびジャズ歌手としての評価は高い。先輩格の大スター歌手である[[フランク・シナトラ]]をして「金を払ってでも聴きたいのは彼の歌だけだ」と評せしめた逸話を持つ。
[[1990年]]代からは[[MTV]]世代にもファン層を広げ、コンスタントにアルバムをリリースし続けている。[[1994年]]には[[MTVアンプラグド]]・ライヴに出演、このライヴを収録したアルバム『MTVアンプラグド』でグラミー最優秀アルバムを受賞した。
 
実力派歌手としてロック全盛時代の最中にも中高年層から堅実な人気を保ってきたが、[[1990年]]代からは若年の[[MTV]]世代にもファン層を広げ、コンスタントにアルバムをリリースし続けている。[[1994年]]には[[MTVアンプラグド]]・ライヴに出演、このライヴを収録したアルバム『MTVアンプラグド』でグラミー最優秀アルバムを受賞した。
[[グラミー賞]]の常連的存在であり、最近では[[2003年]]にリリースした[[シェリル・クロウ]]、[[ダイアナ・クラール]]、[[ビリー・ジョエル]]、[[スティーヴィー・ワンダー]]らと共演したデュエット・アルバム『ウィズ・マイ・フレンズ』、[[2005年]]の「アート・オブ・ロマンス」でBest Traditional Pop Vocal Album部門を受賞した。
 
歌唱力と企画の両面に恵まれることから[[グラミー賞]]の常連的存在であり、最近では[[2003年]]にリリースした[[シェリル・クロウ]]、[[ダイアナ・クラール]]、[[ビリー・ジョエル]]、[[スティーヴィー・ワンダー]]らと共演したデュエット・アルバム『ウィズ・マイ・フレンズ』、[[2005年]]の「アート・オブ・ロマンス」でBest Traditional Pop Vocal Album部門を受賞した。
 
[[2006年]]には、生誕80年を記念したデュエット・アルバム『デュエッツ:アメリカン・クラシック』をリリース。[[バーブラ・ストライサンド]]、[[ポール・マッカートニー]]、[[エルトン・ジョン]]、[[ビリー・ジョエル]]、[[スティーヴィー・ワンダー]]、[[ディクシー・チックス]]、[[ジェームス・テイラー]]、[[フアネス]]、[[セリーヌ・ディオン]]、[[ダイアナ・クラール]]、[[エルヴィス・コステロ]]、[[k.d.ラング]]、[[マイケル・ブーブレ]]、[[スティング (ミュージシャン)|スティング]]、[[ジョン・レジェンド]]、[[ジョージ・マイケル]]らの大御所から若手まで、様々なジャンルの歌手とと共演した。
 
若い頃に美声で知られた歌手には、喉の酷使や[[飲酒]]・[[喫煙]]の影響から[[声帯]]を痛め、中年・高齢期に声の衰えが目立つ事例が少なくないが、ベネットは自身の喉を酷使しないよう発声や生活習慣に常々配慮しており、高齢に至っても第一線で歌えるだけの声質を維持し続けている。
 
==その他の活動==
「[[ブルース・オールマイティ]]」や「[[アナライズ・ミー]]」といった[[映画]]にも本人役で特別出演している。ベネットが、1965年の映画「オスカー」で劇中歌うことなく、主演の[[画家スティーブン・ボイド]]扮する[[アカデミー賞]]としてもたびたび個展開いており、そ狙う俳優腕前は彼のCDのブックレットにも使用されているマネージャーを訥々と演じた
 
プロの歌手になる前には商業[[イラストレーター]]として生計を立てていたこともあって画才に優れ、余技ながら[[画家]]としてもたびたび個展を開いている。その腕前は彼のCDのブックレットにも活かされており、アルバムで共演経験もあるピアニスト、[[ビル・エヴァンス]]のライブアルバムのジャケットにもベネットのペンになる肖像画が使われている。
 
== 日本公演 ==
343

回編集