「栗田氏」の版間の差分

編集の要約なし
(sa)
* '''栗田寺別当大法師範覚''' [[治承]]4年([[1180年]])9月7日に信濃国市原(現在の長野市[[若里]]、[[市村神社]]南面の[[犀川 (長野県)|犀川]]渡河地域と考えられている)付近で[[市原合戦]]が行われた。[[平家]]に味方する信濃の豪族・笠原平五頼直が源義仲討伐のため、木曾への侵攻を企てた。それを察した源氏方([[信濃源氏]]の名門[[井上氏]]の一族)の村山七郎義直や栗田寺別当大法師範覚(長野市[[栗田 (長野市)|栗田]])らとの間での戦闘だが決着がつかなかった。この後木曽方が参戦し笠原氏方には越後から[[城氏]]が大軍を率いて加勢に駆けつけて[[横田河原の戦い]]に発展した。
 
* '''[[栗田寛安]]'''(くりた ひろやす、[[大永]]5年([[1525年]])- [[慶長]]4年1月5日([[1599年]]1月31日))里栗田ー武田氏に所属
* '''[[栗田寛久]]'''(くりた ひろひさ、[[天文 (元号)|天文]]20年([[1551年]]) - [[天正]]9年[[3月22日 (旧暦)|3月22日]]([[1581年]][[4月25日]]))寛安の子ー高天神城で戦死
* '''[[栗田国時]]'''(くりた くにとき、生年不詳 - 慶長5年(1600年))
 
匿名利用者