「ヒューマニズム」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概説==
ルネサンス期における「'''人文主義'''」とは主として古典研究、フマニタス研究を指すが、20世紀ると、この古典研究の意味から離れ合理主義的解釈が施され以下のような極端なとらえ方がなされる場合がある。[[善]]や[[真理]]の根拠を、[[神]]でなく[[理性]]的な人間の中にみいだそうとした、と。その延長上として「'''[[人間中心主義]]'''」と訳出する場合があるが、この「人間」とは西欧近代的な価値観に基づく『理性的』な人間であり、彼らが非理性的とみなす[[アジア]]中心主義[[アフリカ]]の人間西欧中心主義対しては敬意が払われ通じる概念であことはなかった{{要出典|date=2007年9月}}、と。こうしたの解釈は啓蒙主義以後の観からであり歴史的・哲学的にはいわゆる「ルネサンス主義」や「博愛主義」とは明確に区別され、むしろ理性中心主義・西欧中心主義に通じ概念べきである{{要出典|date=2007年9月}}ろう
 
== 語源・歴史 ==
「'''フマニタス'''(羅:Humanitas)」という概念は、既に古代[[ローマ帝国]]の時代より存在しており、この頃おいあってはローマ市民が学ぶべき[[教養]]として理解されていた。これが中世においては、[[大学]]で教授される[[自由学科]](教養学科)へと受け継がれた。こうした古典の研究は人文学、特に14世紀後半以降フマニタス研究 (Studia humanitatis) と呼ばれ、その研究者は[[人文主義者]](ユマニスト、ヒューマニスト)と呼ばれ始めた。
 
14世紀イタリアの[[ペトラルカ]]以降、[[古典古代]](ギリシア・ローマ)への関心が高まる[[ルネサンス]]期になると、[[スコラ学]]的なリスト教倫理のテレス哲学に基づく論理体系に対して、中世キリスト教以前の古代のギリシア・ローマの文物、詩歌、歴史、修辞を愛好することを通じて、理性的な人間の中に倫理の源泉を見いだそうとする動きが生じた。この点で、神中心の[[カトリック教会|カトリック]]に対する人間中心主義とも言われるが、論理体系・視座において新たな姿勢を打ち出しただけで、キリスト教そのものを否定したわけではないし、必ずしもカトリックとの対立を伴ったわけではなかった。古典を研究し、教養ある人士の生き方、生活様式が人文主義者(ユマニスト)の身上とされた。
 
== 人道主義・博愛主義 ==
[[人道主義]]・[[博愛主義]]を指してヒューマニズムと言う場合もあるが、英語では人道主義を「humanism」と区別して「humanitarianism」で表すこともある(必ずしも一般的ではない)。今日の日本ではむしろこの意味でヒューマニズムが用いられることが多いが、上記のように歴史的・哲学的文脈での人文主義者の主張は、戦争反対とか、弱者に優しくしようといった発想と直ちに重なるものではない。
 
「humanism」はむしろ「[[人間中心主義]]」と訳すのが実態に即している。<ref>「千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン」野村進 著 P98</ref>
 
==出典==
匿名利用者