「地方鉄道法」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
[[Image:Keio8803F.JPG|200px|thumb|right|地方鉄道として開業後、一旦軌道となった[[京王電鉄|玉南電鉄]](現・京王電鉄)[[府中駅 (東京都)|府中]]-[[京王八王子駅|東八王子]]間]]
 
'''地方鉄道法'''(ちほうてつどうほう)は、かつて地方公共団体又は私人が公衆の用に供するために敷設する地方鉄道([[軌道法]]により管轄される軌道を除く)の敷設・運営について規定していた[[日本]]の[[法律]]である。[[1919年]](大正8年)[[4月9日]]に[[公布]]、同年[[8月15日]]に施行され、[[鉄道事業法]]の施行により[[1987年]](昭和62年)[[4月1日]]に廃止されるまで日本の主に私設・民営鉄道の根拠法として長くその役割を担い続けた。
 
地方鉄道法が適用された鉄道路線は'''地方鉄道線'''あるいは'''地方鉄道'''と呼ばれていた。
1,703

回編集