「ボイスオーバー」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: tr:Kafa sesi)
 
== 翻訳音声におけるボイスオーバー ==
ニュース番組やドキュメンタリーなどの翻訳音声の編集において、原語の音声を小音量で流しつつ、翻訳された音声を流すときがある。これは完全な[[吹き替え]](本人による発話を模す[[吹き替え]]とは異なり、画面外の通訳の存在を感じさせるため、こうした表現手法もボイスオーバーと呼ぶ。対して、完全な[[吹き替え]]は[[リップシンク]]と呼ぶ。
 
[[海外ドラマ]]や外国[[映画]]の日本語版音声では吹き替えが使われるのが一般的だが、[[1950年代]]に始まった海外ドラマ放送の黎明期では日本語吹き替えではなく、原語音声を流しながら解説のような形で日本語をかぶせるボイスオーバーの手法も使われていた。しかし原語音声のために日本語音声が聞き取りづらくなる弊害のため、すぐに日本語だけの吹き替えになった<ref>阿部邦雄編著『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』[[近代映画社]]、1979年、p.261。声優の[[中村正]]のインタビューでの証言。</ref>。その後はボイスオーバーは、ニュースやドキュメンタリーで使われることがほとんどだが、[[2003年]]公開の映画「[[ラストサムライ]]」DVD版の日本語吹き替え音声のように例外的にボイスオーバー形式が採用されるものもある。
日本で上映される映画ではまず使われることは無い手法だが、例外的にたとえば映画・「[[ラストサムライ]]」は[[英語]]と[[日本語]]の会話が'''たがいに入り混じる'''内容であるため([[トム・クルーズ]]が日本語を、また[[渡辺謙]]が英語を話すシーンなどがある)、DVD版の日本語吹き替え音声にはボイスオーバー形式が採用されている。
 
== 出典 ==
<references />
 
== 関連項目 ==
匿名利用者