「もしもピアノが弾けたなら」の版間の差分

シングル盤ジャケット。「いい夢みろよ」の方が、より正確なようです
(シングル盤ジャケット。「いい夢みろよ」の方が、より正確なようです)
}}
 
'''もしもピアノが弾けたなら'''('''-ひけたなら''')は、[[西田敏行]]のシングル「[[いい夢ろよ]]」のB面曲として発売された楽曲。
 
== 解説 ==
作詞:[[阿久悠]] 作曲・編曲:[[坂田晃一]]による。
 
元々は、[[1981年]]に放映された西田敏行主演の『[[池中玄太80キロ]]』第2シリーズの挿入歌として作られた曲で、同番組の主題歌の「いい夢ろよ」のB面として発売された<ref name="aisubeki">[[阿久悠]] 『愛すべき名歌たち -私的歌謡曲史-』([[岩波書店]] [[1999年]]7月19日) ISBN 978-4004306252 </ref>。しかし、視聴者からの反響が大きく、のちに主題歌となり、A面とB面の立場が入れ替わる形となった<ref name="aisubeki"/>。
 
作詞の阿久はその時代で旗色が悪くなっていた不器用な男に対する応援歌を書きたいという願いをドラマの主人公のキャラクターに託したという<ref name="aisubeki"/>。そして、歌詞に出てくる[[ピアノ]]は「少しばかり器用なサービス精神」との解釈でよいと述べている。
また、同年の[[第32回NHK紅白歌合戦]]に、西田はこの曲で初出場を果たし、阿久悠も同年の「日本作詞大賞」を受賞した<ref name="aisubeki"/>。
 
ちなみに、この曲の録音において、イントロを含めてピアノ演奏を担当したのは、後に「[[渡る世間は鬼ばかり]]」([[TBSテレビ]]系のテレビ番組)の音楽担当、「[[題名のない音楽会21]]」([[テレビ朝日]]系のテレビ番組)の司会等にて一躍有名になった、ハネケンこと[[羽田健太郎]]である。
 
== 収録曲 ==
#'''いい夢ろよ'''
#*作詞: [[阿久悠]]、作曲・編曲: [[坂田晃一]]
#'''もしもピアノが弾けたなら '''
24,187

回編集