「ニコル・アマルフィ」の版間の差分

アルテミスでの戦闘において、ニコルのブリッツは[[ミラージュコロイド]]を使った強襲を行い、アルテミス陥落の端緒となった。[[アークエンジェル (ガンダムシリーズ)|アークエンジェル]]が第8艦隊と合流する前に攻撃を実行しようとした際には、戦闘時間を考えて慎重論を述べていたが、イザークとディアッカにあしらわれてしまう。
 
地球に降下後、[[オーブ連合首長国|オーブ]]近辺での戦闘において、ブリッツで出撃するが、アス[[キ・ヤマト|キラ]]の搭乗する[[イージトライクガンダム|トライク]]を相手に劣勢を強、[[キられていたアス・ヤマト|キラ]]の[[ストラージスガンダム|ジス]]を庇い<ref>小説版の描写を見る限り、イージスとストライクの間に突如として現れた事による[[反射]]でキラは攻撃したというのが正しいと思われる</ref>、キラが振るったシュベルトゲベール(対艦刀)がコクピットを直撃し、そのままニコルは腹を切り裂かれて[[戦死]](公式にはMIAという扱いだが、それは機体の爆発による損傷が激しく、ニコルの遺体が確認困難だったために過ぎない)。彼の死はアスランとキラの間に決定的な暗い影を落とした。
 
戦いを好まない性格、そして部隊で最年少であるせいか、同僚のイザークやディアッカからはやや侮られていたが、本当はイザークもディアッカも内心ニコルを仲間と認めており、彼の死が結果として隊の結束を高めることとなった。
1,000

回編集