「東京ローズ」の版間の差分

編集の要約なし
(見出し名変更)
 
[[1976年]]に、裁判の証人だった元上司ふたりが「証言は事実でなく[[FBI]]に偽証を強要され、リハーサルもさせられた。」等と告白した記事を、アメリカ人日本特派員記者がスクープ報道した<ref name=television/>。
[[1977年]][[1月19日]]<ref>ちなみに、フォード大統領退任しカーター次期大統領就任する日の前日にあたる</ref>に、[[ジェラルド・R・フォード|フォード]]大統領による[[恩赦]]によりアメリカの国籍を回復した。
 
その後[[シカゴ]]に転居し、父が創業した輸入雑貨店「戸栗商店 (J. Toguri Mercantile Co.)」で、晩年まで働いていた。当初は反逆者の汚名を着せられたアイバ・戸栗であったが、晩年の[[2006年]]1月には、「困難な時も米国籍を捨てようとしなかった“愛国的市民”」として退役軍人会に表彰され、感激の涙を流している<ref>朝日新聞、2006年9月28日付</ref>。2006年9月26日に、[[脳血管障害|脳卒中]]のため、90歳で死去。
193

回編集