「カルロス (アストゥリアス公)」の版間の差分

当時のボヘミア大使の手紙によると「カルロスは肩の高さが違い、右足が左足より長く、頭が大きすぎる。胸はくぼみ、背中にコブがある。まるで子供のように愚かしい質問ばかりする。高尚な事に興味を示したことはなく、食べることにしか感心がない。際限なく食べ続けているので、よくいろいろな病気にかかり、顔色はひどく悪く、長生きはできないだろう」とある。
 
父に反逆してネーデルランドに行こうとして逮捕監禁され、牢死した (異説では父王フェリペ2世による[[毒殺]]ともいう) 。享年24。
 
[[フランス王国|フランス]]国王[[アンリ2世 (フランス王)|アンリ2世]]の娘[[エリザベート・ド・ヴァロワ]]と婚約していたが、カルロスが亡くなったため父王フェリペ2世の3度目の王妃となった。
匿名利用者