「ミスターのいいじゃないか!運動」の版間の差分

m
リンク修正
m (リンク修正)
'''ミスターのいいじゃないか!運動'''(-うんどう)は、[[北海道テレビ放送|北海道テレビ放送(HTB)]]の[[バラエティ番組]]『[[水曜どうでしょう]]』の企画「[[水曜どうでしょうの企画_(2003年以降)#プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅|プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅]]」内で[[大泉洋]]が評した、『ミスター』こと[[鈴井貴之]]の考えのことである。これの反対語に当たるのは「合宿」。
 
{{ネタバレ}}
番組の企画で[[大分県]]内を自動車で移動中に、[[豊後牛]]を食べたい大泉が、幕末の民衆運動「[[ええじゃないか]]」に掛け、この言葉を発した。
 
この運動は主に「[[水曜どうでしょうの企画_(日本国内)#対決列島~the 〜the battle of sweets~sweets〜|対決列島]]」企画で発された「宿には4時までにチェックインする」がこの運動の主な行動である。意味としてはさらにロケより宿を重視するものである。これを「いいじゃないか!旋風」という。
 
この話のときに画面左下に、ミスターが「いいじゃないか!」といいながら踊る姿がアニメーションで表示された。上は半被姿、下は半ズボンである。のちのいいじゃないか!踊りの元となった。
番組開始当初の鈴井は、自分がメインとなって番組を引っ張るべきと考えていた。また、がむしゃらに頑張る姿を見せることで、視聴者の共感を得られるのではないかとも考えていた。
 
しかし1997年の「[[水曜どうでしょうの企画 (海外)#ヨーロッパ21国完全制覇|ヨーロッパ21ヶ国完全制覇]]」を契機として、徐々に「自分が頑張るより、大泉をメインに据えた方が面白い」「自分よりもディレクターの方が、大泉の面白さを上手く引き出している」と感じるようになり、番組中では、やや退いたポジションをとるようになっていく。
 
2000年、鈴井が映画「[[man-hole]]」の制作に乗り出したため、「どうでしょう」は半年間休止することとなった。その時の鈴井は、「番組が再開しても、自分はもう戻らないだろう」と考えていた。それは、番組の方向性(結果的に面白ければ、いい加減でも良い)と、当時の鈴井のポリシー(とにかく頑張らなければならない)の間に、埋め難いギャップを感じていたためであった。休止直前の企画「[[水曜どうでしょうの企画_(日本国内)#原付西日本制覇|原付西日本制覇]]」では「これで辞めよう」と思いながら走っていたという([[水曜どうでしょうDVD全集|DVD]]第7弾「ヨーロッパ21ヶ国完全制覇」副音声より)。
169

回編集