「ボビー・コールドウェル」の版間の差分

編集の要約なし
[[ニューヨーク]]・[[マンハッタン]]生まれ。[[1978年]]のデビュー曲「風のシルエット(What You Won't Do for Love)」がヒットし、当時流行していたAORの新星として脚光を浴びる。洗練された音の世界を持ちつつも、多くの初期AORシンガーのようにボーカルスタイルは[[リズム・アンド・ブルース|R&B]]色が濃く、[[ブルー・アイド・ソウル]]の歌手として分類されることもある。また作曲家として[[ボズ・スキャッグス]]に「ハート・オブ・マイン(Heart of Mine)」、[[ピーター・セテラ]]に「ネクスト・タイム(Next Time)」、「ステイ・ウィズ・ミー([[ステイ・ウィズ・ミー|STAY WITH ME]])」などのヒット曲を提供(いずれも後にセルフカバー)している。
 
1980年に彼が所属していた[[:en:TK Records|TK Records]]が倒産し、本国ではプロモーション活動がままならなかった影響か、[[1980年代]]以降はアメリカでは振るわずも、日本では非常に人気が高く、AOR界では[[クリストファー・クロス]]やボズ・スキャッグスと並び立つ存在。1990年代にオンエアされたニューヨークの夜景をバックに「Stay with me」「Heart of Mine」「Come to me」が流れる[[パーラメント (タバコ)|パーラメント]]のCMは、彼のイメージを象徴する一作でもある。
 
== ディスコグラフィ ==
匿名利用者