「ピストン」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: te:పిస్టన్)
[[画像:Pistons by MAHLE.jpg|thumb|200px|right|レシプロエンジン用ピストン]]
[[画像:Piston and connecting rod.jpg|thumb|200px|right|原動機のピストンとコネクティングロッド]]
[[燃焼室]]([[シリンダー]])の断面は一般的に円形であるため、ピストンの断面も円形である。ガソリンエンジンの場合、効率の良い燃焼(火炎伝播)を得てかつ、バルブとの干渉を避けるために、燃焼室の形状は複雑化している。そのため、燃焼室の底面を兼ねるピストン上面も凹凸を持つことが多い(バルブリセス)。高い[[圧縮比]]を得るために、上面に大きく凸形状を与えられたり、逆に圧縮比を低く抑えるために凹形状になっているものもある。なお、ディーゼルエンジンの場合は、ピストン頭頂部を大きく窪ませて燃焼室を形成している。
ピストンの素材には[[鉄]]、[[アルミニウム]]合金、[[チタン]]合金などが用いられているが、生産性とコストを重視する量産品の場合、現在ではアルミ[[鋳造]]品<ref>日本では一般にAC8A([[日本工業規格]]:JIS)などの材料がよく使用されるが、燃費規制の強化などに伴い厳しくなる使用環境に応え、各ピストンメーカーで独自の高強度材が開発され、使用されている。</ref>が一般的である。燃焼時の衝撃に耐える強度を確保するため、レースエンジンやチューニングエンジンではアルミ[[鍛造]]により製作されることが多い<ref>鍛造製のピストンは、一部の量産エンジンでも使用されている。</ref>。
 
匿名利用者