「コンパクト盤」の版間の差分

 
== 歴史 ==
小さいので扱いやすいが収録時間の短い17cmEP17センチ・シングル盤と、収録時間は長いが大きく比較的高価な30cmLP盤の中間に位置するもので、通常のシングルレコードよりもと同じサイズながら収録時間が長いため「'''Extended Play'''」と呼ばれその略称がEPである。「各面に2曲 - 3曲ずつ収録した、計4 - 6曲入り」(シングルレコードは通常、各面に1曲ずつ収録)、「1曲の演奏時間の長い楽曲の収録」などの目的に用いられた。収録曲数が多いといっても「アルバム」として作成される30cmLPと違い、片面に2 - 3曲なので実際には「お徳用」としての性格が強い商品が多かった。CD以降では「ミニアルバム」などと呼ばれる形態である
 
[[1960年代]]半ばまでをピークとして多数リリースされたが、徐々に廃れ、[[1970年代]]半ばから、[[リミックス]]バージョン主流となった[[1980年代]]以降は、現在のレコード復刻も含め、より音質の良い45回転で30cm(12インチ)の製品に、とって代わられることが多くなった。
その後に取って代わった[[コンパクトディスク|CD]]や[[デジタル・ダウンロード]]の形態ではマキシシングルやミニアルバムとして栄え、数多くの作品がリリースされた。
 
海外日本ではこのコパクト盤グルレコードのことEPと呼んでおり、日本でEP盤(ドーナツ盤と呼ぶ呼ぶ7インチがあるが、上記ようにEPとはこのコンパクト盤を指す。シングルレコードは45rpm RECORDS、または単純にシングルと呼ばれている。
 
== 主なコンパクト盤の作品 ==
200

回編集