「アルフォンソ12世 (スペイン王)」の版間の差分

2010年11月20日 (土) 04:29の版に差し戻し
(2010年11月20日 (土) 04:29の版に差し戻し)
| 埋葬地 = {{ESP}}、[[w:en:San Lorenzo de El Escorial, Madrid|サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル]]、[[エル・エスコリアル|エル・エスコリアル修道院]]
}}
'''アルフォンソ12世'''(Alfonso XII , [[1857年]][[11月28日]] - [[1885年]][[11月25日]])は[[スペイン]]王(在位:[[1875年]]???????? - 1885年)。女王[[イサベル2世 (スペイン女王)|イサベル2世]]と[[王配]][[フランシスコ・デ・アシース・デ・ボルボーン|フランシスコ・デ・アシス・デ・ボルボン]]の子。
 
王配フランシスコが[[同性愛者]]であることが知れ渡っていたため、アルフォンソの本当の父親は、近衛兵隊長エンリケ・プイグ・イ・モルトか、[[フランシスコ・セラーノ]]将軍のどちらかだという説がある。
 
[[1868年]]の革命により、イサベル女王と家族はスペインを追われ、[[パリ]]へ移った。アルフォンソは[[ウィーン]]で教育を受けた。[[1870年]]6月、パリへ呼ばれたアルフォンソは、引退表明した母から後継指名を受けた。その後、アルフォンソは[[サンドハースト王立陸軍士官学校]]で軍人の訓練を受けた。[[1874年]]、支持者らの支援を得て、スペイン王位奪取を宣言。その年の終わりに、陸軍元帥セラノは[[マドリード]]を離れて、北部連隊を指揮して[[カルリスタ]]と戦闘を開始した。陸軍[[准将]][[マルティネス・カンポス]]は次々と南部を攻略し、王の名において[[バレンシア (スペイン)|バレンシア]]に入城した。アルフォンソは、[[バルセロナ]]、バレンシアを経てマドリードにわずか数日で到達、自由憲法の受諾を宣言した。アルフォンソ王はカルリスタたちに強力な宣伝活動を行い、大叔父[[カルロス・マリア・イシドロ・デ・ボルボーン|モリナ伯ドン・カルロス]]とその後継者たちへの支持は失速していった。
匿名利用者