メインメニューを開く

差分

定義文加筆、他
| 改名 = 梅千代王丸、義氏
| 別名 =
| 戒名 = 長山善公香雲院
| 墓所 = [[徳源院跡]]([[茨城県]][[古河市]])
| 官位 = [[従五位|従五位下]][[馬寮|左馬頭]]、[[従四位|従四位下]][[兵衛府|右兵衛佐]]
| 主君 =
| 氏族 = [[足利氏]]
| 父母 = 父:[[足利晴氏]]、母:[[芳春院 (曖昧さ回避)|芳春院]]([[北条氏綱]]女)
| 兄弟 = [[足利藤氏|藤氏]]、'''義氏'''、[[足利藤政|藤政]]、[[足利輝氏|輝氏]]、[[足利家国|家国]]
| 妻 = 正室:浄光院殿([[北条氏康]]の娘・'''浄光院殿'''女)
| 子 = '''[[足利氏姫|氏姫]]'''、[[足利梅千代王丸|梅千代王丸]]、娘
| 特記事項 =
}}
 
'''足利 義氏'''(あしかが よしうじ)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の人物で、第5代[[古河公方]](在位:[[1552年]] - [[1583年]])。同名の[[足利義氏 (足利家3代目当主)|足利義氏]]から数えて14代目の子孫に当たる。父は第4代古河公方の[[足利晴氏]]、母は[[北条氏綱]]の娘の[[芳春院 (曖昧さ回避)|芳春院]]。正室は[[北条氏康]]の娘の[[浄光院殿]]。異母兄弟に[[足利藤氏]]や[[足利藤政]]がいる。
 
<small>※ 日付は、[[和暦]]による[[旧暦]]。[[西暦]]表記の部分は、[[ユリウス暦]]とする。</small>
 
== 生涯 ==
[[天文 (元号)|天文]]10年([[1541年]])1月15日、[[足利晴氏]]の次男(異説あり)として生まれる 。幼名は'''梅千代王丸'''。父が[[北条氏康]]と戦って敗れて幽閉されると、[[後北条氏|北条氏]]からの強い意向で[[古河公方]]となったが、就任式[[古河城|古河御所]]ではなく[[北条氏]]の一支城であった[[葛西城]](現在の[[東京都]][[葛飾区]][[青戸]])で行われた<ref>「千葉県の歴史 通史編 中世」(2007年刊、千葉県史料研究財団編・千葉県発行)</ref>。これらのことからでも明らかなように所詮は北条氏の傀儡に過ぎず、当時の情勢と相まって、その地位も名目上のものでしかなかったとされる
 
また、のちに[[関東管領]]であとなった[[上杉謙信]]も晴氏の長男[[である足利藤氏]]が正統な古河公方であるとし、次男で異母弟であった義氏の継承を認めなかった。このた関東における北条氏と、[[上杉氏]]はじとする反北条氏との攻防の中にあって、義氏は氏康から[[小田原]]や[[鎌倉]]葛西ヶ谷など古河と関係ない地たらい回し転々とすることされなっと言われている。なお、『小田原衆所領役帳』では「御家門方 葛西様」と記載されている。
 
[[元亀]]元年([[1570年]])ごろ、[[越相同盟]]の締結条件として上杉謙信からも正統性と継承を認められた。ようやく古河公方として古河に戻ることは許されになったが、それは氏康の子[[北条氏照]]を後見人にするという条件のもとであり、傀儡であることに代わりはなかった。
 
[[天正]]11年([[1583年]])1月21日、死去、[[享年]]43(満42歳没)。法号は'''長山善公香雲院'''。嫡男の[[足利梅千代王丸|梅千代王丸]]が早世していたため、古河公方の家臣団は梅千代王丸の姉である[[足利氏姫|氏姫]]を[[古河城]]主として擁立した。
 
名族の血筋が断絶することを惜しんだ[[豊臣秀吉]]の計らいで、氏姫は[[小弓公方]]であった[[足利義明]]の孫[[足利国朝]]と結婚し、[[喜連川氏]]を興すこととなった。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
{{Reflist}}
 
{{先代次代|[[古河公方]]|第5代:1552 - 1583|[[足利晴氏]]|[[足利氏姫]]}}
14,137

回編集