「WWFインターナショナル・ヘビー級王座」の版間の差分

編集の要約なし
m (マディソン・スクエア・ガーデン)
編集の要約なし
 
== 概要 ==
もともとは1940 - [[1950年代]]に、[[アントニオ・ロッカ]]が奪取し保持していた王座といわれるが、詳細は不明である。1982年8月30日、[[マディソン・スクエア・ガーデン]]にて、当時の王者だった[[ジノ・ブリット]]に藤波辰巳が挑戦し奪取。当時の実況担当だった[[古舘伊知郎]]は、かつて藤波が長年保持した'''WWF(WWWF世界)ジュニアヘビー級王座'''が、初代王者の[[ジョー・ディファジオ]]に因み「ディファジオ・メモリアル」と呼ばれたのに倣ってか、この王座を「藤波が掘り当てた『ロッカ・メモリアル』」と称していた。
 
折から、長年地味な存在に甘んじていた[[長州力]]が、[[メキシコ]]遠征で[[UWA]]世界ヘビー級王座を奪取したのをきっかけに「俺もヘビー級の王者だ」と主張、藤波と袂を分かつことを宣言する。翌1983年、長州は2度目の藤波への挑戦で遂に王座を奪取、「名勝負数え歌」といわれた以降の二人の抗争は同王座を中心に回る形となり、長州戴冠後の二人の一騎打ちにおいては、実に5度もこの王座が賭けられた<!-- http://www.twc-wrestle.com/jyoho9709.html -->。
 
この王座は、世界統一を目指したプロジェクト・[[IWGP]]の実現を新日本プロレスが推進していた最中に、同団体にもたらされたものだったが、IWGPが発表された後に[[NWF]]ヘビー級王座などシングル・タッグの王座は[[封印]]されていたにもかかわらず、当時提携関係にあったWWF認定の王座なのもあってか、一部の軽量級の王座と共に、同団体で防衛活動が続けられた(余談だが当時、[[IWGPリーグ戦]]については、世界最強を決めるというコンセプトから、当時ジュニアヘビー級のタイトルホルダーであった[[佐山聡|タイガーマスク(初代)]]の参戦がファンから熱望されたが、「IWGPは飽くまでヘビー級の選手が対象」という見解から、タイガーは結局1度もIWGPリーグ戦に参加していない)。
 
ところが[[1985年]]、それまで新日本と歩調を合わせてきたはずのWWFが提携関係を破棄、WWFは[[ハルク・ホーガン]]を団体のエース格に据えて、独自でテレビ中継を柱とした全米侵攻に乗り出した。こうした提携破棄の煽りを受ける形で、この王座は人知れず封印されるに至る。
その後、新間は正式に新団体・UWFを立ち上げ、それと同じオフィス内に「WWF日本支部」を設置した。
 
前田の王座奪取は[[東京スポーツ]]などで「藤波の同名王座は無効?」といった見出しと共に報じられたが、当然ながら藤波を始めとする新日本プロレスサイドは黙っていなかった。報道でこの件を知った藤波は「ひとつだけ言えるのはファンを甘く見るなということ。新団体ができてハイ新しいベルトができました、ではファンが納得すると思う?」と不快感を示したうえ、前田にIWGPリーグ戦への参加を呼びかけた。
 
また、[[坂口征二]]副社長は「冗談じゃない。この王座は新日本プロレスに管理運営権があるんだ」と主張、さらに「問答無用の仕事師」のあだ名で頭角を現した[[藤原喜明]]は、UWFへ殴りこんだうえでの前田との一騎打ちを要求した。のちに藤原は特別参加の形でUWFに参戦、前田とのシングルマッチも実現したが、これに件の王座は賭けられることはなかった。
|アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデン
|}
 
== 関連項目 ==
*[[新日本プロレス]]
*[[WWE|WWF]]
*[[UWF]]
*[[インターナショナル・ヘビー級王座]]
 
== 外部リンク ==
匿名利用者