「日本の道路標識」の版間の差分

* '''始まり (505)''':規制・指示を補助し、その規制・指示が始まる場所であることを示す。'''→'''(右向き矢印)で表示しているものと、文字で「'''ここから'''」と表示しているものがある。近年では後者が多くなっている。なお矢印の向きが右側なのは、標識を道路と平行の向きにした際に「ここから先」と理解させるため(下述の「終わり」も同様)。
* '''区間内 (506)・区域内 (506の2)''':規制・指示を補助し、その規制・指示の区間内・区域内であることを示す。左右方向の矢印で表示しているものと、文字で「'''区域内'''」と表示しているものがある。1992年の改正で、大半の「区間内」標識は省略するようになった。
* '''終わり (507)''':規制・指示を補助し、その規制・指示が終わる場所であることを示す。'''←'''(左向き矢印)で表示しているもの、文字で「'''ここまで''''」と表示しているもの、円形で白地に細い青枠、中央にほぼ縦方向で太い青線が入る形のものがある。近年では文字で「ここまで」と表示するものが多い。
* '''通学路 (508)''':警戒の「学校・幼稚園・保育所等あり」を補助する。
* '''追越し禁止 (508の2)''':規制の「追越し禁止」を補助する。
匿名利用者