「郤缺」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[文公 (晋)|文公]]が死に、[[襄公 (晋)|襄公]]の代になると、郤缺は[[狄]]を討って功を立て、父の郤芮の封地であった冀を賜ったが、用心されたために兵は与えられなかった。
 
[[趙盾]]が宰相となり[[襄公 (晋)|襄公]]が死ぬと、趙盾は[[霊公 (晋)|霊公]]を立てたが、[[秦]]に亡命した[[士会]]が秦[[康公 (秦)|康公]]に用いられて、[[晋 (春秋)|晋]]を苦しめだすと、趙盾は[[六卿]]を集めて諮った。「随会([[士会]])は秦におり、賈季([[狐射姑]])は[[狄]]にいて、そのため毎日のように国難がやってくる。どうしたらよいか」
 
[[荀林父]]は「賈季を戻しましょう。かれは国外の事情に通じており、物事を処理する才能があり、そのうえ殊勲者の子です」と言ったが、郤缺は「賈季は謀反人です。その罪は重い。随会を戻しましょう。かれは身分は卑しくとも恥をわきまえており、柔順でありながら人に唆されて不義を為すことが無く、その智謀は国の役に立つ」と言ったので、趙盾は士会を戻すことに決めた。
匿名利用者