メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''嘉治 隆一'''(かじ りゅういち、[[1896年]][[8月3日]] - [[1978年]][[5月19日]])は、日本の政治評論家。[[兵庫県]]生まれ。[[東京大学|東京帝国大学]]法学部卒、[[満鉄]][[東亜経済調査局]]勤務ののち、[[朝日新聞社|東京朝日新聞社]]に入社、1945年論説主幹、1947年出版局長。その後、[[獨協大学]]講師、文部省大学設置審議会委員、東京市政調査会評議員などを歴任。『心』[[生成会]]委員も務め文化人との交遊も広かった。[[中江兆民]]・[[田口卯吉]]などの研究でも知られる。息子は東大教授・経済学者の[[嘉治元郎]]。
 
== 著書 ==
* マルクスとエンゲルス 後藤信夫共著 弘文堂書房 1925
* 近代ロシア社会史研究 編著 同人社 1925
* 東方問題論 東宛書房 1939
* 東邦研究 オリオン社 1940
* 建国より現代までソ連の経済 誠文堂新光社 1941
* 南窓記 昭林社 1942
* 歴史を創る人々 大八洲出版 1948
* 五月の旅 慶友社 1953
* 明治の社会問題 慶友社 1955
* 中江兆民 国土社 1956(少年伝記文庫)
* [[緒方竹虎]] 時事通信社 1962
* 沖縄あれから二十年 編 時事通信社・新書 1966
* 人物万華鏡 朝日新聞社 1967
* 沖縄・台湾日記 時事通信社・新書 1968
* 人と心と旅 人物万華鏡後篇 朝日新聞社 1973
* 明治以後の五大記者 兆民・鼎軒・雪嶺・如是閑・竹虎 朝日新聞社 1973
 
== 翻訳 ==
* 修正派社會主義論 / [[エドゥアルト・ベルンシュタイン|ベルンシュタイン]][他]. -- 聚英閣, 1920.10. -- (新人會叢書 ; 第2編)
* 独仏年誌鈔 / [[カール・マルクス|マルクス]]、[[フリードリヒ・エンゲルス|エンゲルス]][他]. -- 我等社, 昭和2. -- (我等叢書 ; 第3冊)
 
{{People-stub}}
{{DEFAULTSORT:かし りゆういち}}
[[Category:日本の政治評論家]]
[[Category:獨協大学の教員]]
[[Category:朝日新聞社の人物]]
[[Category:満鉄調査部の人物]]
[[Category:兵庫県出身の人物]]
[[Category:1896年生]]