「ブラッディ・マリー」の版間の差分

ブラッドレス・マリーの記述を追記。ついでに、読みにくい場所に読点を入れた。
(ブラッドレス・マリーの記述を追記。ついでに、読みにくい場所に読点を入れた。)
16世紀の[[イングランド]]女王、[[メアリー1世 (イングランド女王)|メアリー1世]]の異名に由来するといわれている。メアリーは即位後300人にも及ぶ[[プロテスタント]]を処刑したことから、「血まみれのメアリー」(Bloody Mary) と呼ばれて恐れられていた。
 
ただし異説として、[[禁酒法|禁酒時代]]に飲まれていたといわれるブラッディ・サム(こちらは[[ジン (蒸留酒)|ジン]]ベース、他は同じ)に対して名付けられたとも、またたちの悪いジョークで女性に対して「Are you Mary?」(隠語で、「おまえは生理か?」)ということからの連想ともいわれるが、これらが悪名高い「血まみれのメアリー」を下敷きにしたものであることに変わりはない。
 
== 標準的なレシピ ==
* また、トマト・ジュースをハマグリやアサリの[[エキス]]が入ったクラマトにすると、ブラッディ・シーザーというカクテルになる。
* ブラッディ・マリーを作り、それをビールで割ると、「レッド・バード」というカクテルになる。
* グラスに注いだ適量のウォッカに、クラム・ジュース(ハマグリの汁、缶詰にされて市販されているもので良い)を満たしたカクテル(分量の詳細不明)を、「ブラッドレス・マリー(ブラッドレス・メアリー)」と呼ぶ<ref>堀井 浩一 『つくる・飲む・楽しむ カクテール』 p.201 文研出版 1986年4月5日発行 ISBN 4-580-90230-0</ref>。なお、ブラッドレス・マリーは、「血抜きのマリー」と解釈されることもあるが、「冷血なマリー」などと解釈されることもあり、どのように解釈するかについては諸説が存在する。
 
== その他の情報 ==