「日下部金兵衛」の版間の差分

m
フォーマット変更のみ
(開業するまでを経時的に編集。作品内容を追加。参考資料追加。)
m (フォーマット変更のみ)
'''日下部 金兵衛'''(くさかべ きんべえ、[[天保]]12年[[10月15日 (旧暦)|10月15日]]([[1841年]][[11月27日]]) - [[昭和]]9年([[1934年]])[[4月19日]])は日本の[[写真家]]。顧客に外国人が多かったため、仕事上では名字の日下部よりも、発音しやすい名前の金兵衛を用いることが多かった。[[甲斐国]]([[山梨県]])出身。
 
==経歴==
[[1863年]]([[文久]]3年)頃から、横浜の[[フェリーチェ・ベアト]]のスタジオで写真の着色技師として働き始めた。[[1867年]]([[慶応]]3年)にはベアトの弟子として[[上海]]に撮影に出かけている。ベアトが写真の世界から引退すると、[[ライムント・フォン・シュティルフリート]]の下で働いた。
 
</gallery>
 
==参考文献==
* Bennett, Terry. ''Early Japanese Images'' (Rutland, Vermont: Charles E. Tuttle Company, 1996), 50.
* [http://www.cca.qc.ca/collectionenligne/fiches/fiches15.asp?ID=Kusakabe%2C+Kimbei&origineObject=PH1981:0956&ficheType=2&langue=2 Canadian Centre for Architecture; Collections Online, s.v. "Kusakabe, Kimbei"]. Accessed 3 April 2006.