「人生」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{Otheruses|一般的な概念、普通名詞としての人生|作品名・グループ名などその他の用法}}
[[File:11-stages-womanhood-1840s.jpg|miniatur|thumb|right|200px|女性の人生。([[1849年]]、米国)]]
'''人生'''(じんせい)とは、[[人間]]がこの世で生きることや、生きている時間、経験などのことである。
 
== 概説 ==
{{Wiktionary|人生}}
人生とは、人が[[この世]]で生きることや、生きている時間、生きて経験すること、[[生活]]、生涯、一生などを意味している。
 
=== 人生の短さ、長さ ===
人生は短い、ということが言われている。かつては「人生わずか五十年」などといった言い回しでそれを表現していた時代もある。
古代ギリシャから古代ローマへ、そして現代にまで伝わっている表現に"[[:en:Ars longa, vita brevisアルスロンガ、ウィータブレウィス|Ars longa, vita brevis.]]"(芸の道は長く、人生は短い)がある。同様に、人生は短いので一日一日を大切にし精一杯生きるべし、といった内容の戒めの言葉は、多くの賢人たちが述べている。
 
数字の上では日本人の[[平均寿命]]はいくらか伸び、80年を超えはしたが、それでもやはり Ars longa, vita brevis であることに変わりはない、とも理解されている。
 
その一方で、人生は長い、とも表現されている。「長い人生では様々なことが起きる」ともしばしば言われる。「人生、山あり谷あり」とも言う。人生でのさまざまな経験や出来事を、[[織物]]の[[模様]]に譬えて人生模様という<ref>[http://kotobank.jp/word/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E6%A8%A1%E6%A7%98 デジタル大辞泉]</ref>。
* [[寿命]]
* [[人間]]
 
 
{{デフォルトソート:しんせい}}