メインメニューを開く

差分

構成
'''妹'''(いもうと)とは、基本的に対象者よりも後に産まれた、共通する[[親]]を持つ[[女性]]のこと。[[親等|二親等]]
 
[[婚姻]]による[[親族]]関係として、親の[[養女]]や、親の再婚相手の連れ子が年下だった場合、「義理の妹」として[[義妹]](ぎまい)と呼ぶ。さらに、[[弟]]の[[妻]]や[[配偶者]]の妹も義妹である。この場合は対象者より年下であるとは限らない。一般的には義妹も「いもうと」と呼ぶ。
 
さらに、[[弟]]血縁関係[[妻]]や[[配偶者]]の妹も義妹である。こ二親等の場合、現在の日本では対象者より年下であと[[結婚]]すとは限ら法律上できない。一般的には義妹も「いもうと」と呼ぶ
 
父母の[[いとこ]]の内、対象者より年下の女性従妹(じゅうまい)と呼ぶ。この場合は当然ながら[[親等|四親等]]である。
[[親等|二親等]]であり、血縁関係のある二親等の場合、現在の日本では対象者と[[結婚]]することは法律上できない。
 
父母の[[いとこ]]で、対象者より年下の女性は従妹(じゅうまい)と呼ぶ。この場合は当然ながら四親等である。
 
==古語==
古語においては、'''妹'''は「いも」と呼び、年齢の上下に関係なく男性からみた同腹(はらから)の女を指した。年齢の上下を問わない。女性から見た同胞の女は、年上を「え」と呼び、年下は「おと」と呼んだ。これは、男性から見た同胞の男に対する呼び名と同じである。
 
また、恋人である女性や、妻のことも妹(いも)と呼んだ。「我妹子」(わぎもこ)とも言う。
32,842

回編集