「走光性」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: ru:Фототаксис)
 
== 概要 ==
走光性を持つ生物の例としては、花を太陽の方向にむけるひまわりや先に挙げた植物の他、[[蛾]]や[[ハエ]]などがある。また、[[微生物]]の[[テトラヒメナ]]や[[ユーグレナ]]なども正の走光性を持つ。逆に[[ミミズ]]などは負の走光性をもつ。
 
蛾の場合は、夜に月の光を頼りに飛行することで、地表から垂直に飛翔できるため、走光性を持っていると考えられている。また地中に生活するミミズの場合は、光がある方向は地表面であるので、生存に適さない地表に出ないために負の走光性をもつと考えられている。
326

回編集