「Dance Dance Revolution」の版間の差分

; NONSTOP(連)/COURSE
: コースごとに定められた曲順で、通常のゲージ仕様で規定曲数を通しでプレイする。DDR 3rd/DDR 4thMIXとDDR EXTREME/DDR SuperNOVA、家庭用ではDDR 2ndReMIX/DDR BEST HITS/DDR おはスタ/DDR Party Collection/DDR FESTIVAL/DDR STR!KEにも存在する(なおSTR!KE以降では鬼と連は同じコースデータを共有し、プレイ時にゲージ形式を選択する)。
: 曲数はDDR 2ndReMIXとDDR 4thMIX系列では設定に依存、DDR FESTIVAL/STR!KEはコースごとに異なり、他は4曲。DDR EXTREMEなどでは譜面難易度を1段階上げてプレイすることも可能。家庭用の内DDR BEST HITS/おはスタを除く全作品(DDR 2ndReMIXではプレイヤー作成コースのみ)とアーケードのDDR 3rd/DDR 4thMIX系列(DDR 4th系列では[[ポケットステーション]]に保存したツールを使用することでいつでもコース作成が可能)/SuperNOVA2以降ではプレイヤーが任意のコースを作成することが可能(アーケードでは家庭用のシステムデータに保存されたコースとなる)。なお、DDR 4th系列では[[ポケットステーション]]に保存したツールを使用することで、SuperNOVA2以降は携帯電話の公式サイトを利用することでいつでもコース作成が可能
: なお、家庭用DDR Disney's RAVEのDJ SELECTIONも、まず最初にキャラクターを選び、そのキャラクターが担当する曲でコースを構成する(独自に作成することも可能)という独自の要素があるだけで基本的には同じである。
; CHALLENGE(鬼)
: DDRMAX2で追加された、コースごとに定められた曲順でプレイしていくモード。GOOD以下の評価を出す(矢印を踏み外す)かフリーズアローの途中で足を離してしまう(N.G.と表示される)とライフを1ポイント失い、ライフがなくなるとゲームオーバーとなる。ライフの初期値及び最大値は4で、曲クリアごとに回復する。
:* 家庭用では20曲までの任意の組み合わせのコースを3つ(DDR STR!KE以降は10個)プレイヤーが独自に持つ作成することができる。
:* なおDDR STR!KE以降ではプレイスタイル選択後にゲージの種類を選ぶ仕様となっており、ライフ制を選択するとこちらとなる。この3作でのコースはNONSTOP(通常ゲージを選択した場合)と共通。
: DDR Xで「COURSE」としてNONSTOPと統合され消滅。
:* DDR FESTIVAL以外では体重と目標データを入力した後、通常のプレイと同様にプレイする。DDR EXTREME以降コースによるプレイも可能になった。
:* DDR FESTIVALではカロリー計算&表示のON/OFFを切り替える場所となっており、ONにすると他のゲームモードでのプレイがカロリー換算され記録されていく。
: アーケード版DDR SuperNOVA2以降、ではe-AMUSEMENT PASSの読み取り装置についているテンキーで体重を入力する(画面には表示されない)ことによって、SPでプレイした際の消費カロリーが集計される。SuperNOVA2ではSINGLEモードのみが集計に対応していたが、DDR X以降はDOUBLEモードでも集計されるようになった
; EDIT DATA
: DDR 4thMIX・DDR EXTRAMIX・DDR FESTIVAL・DDR STR!KEではエディットデータでのプレイが独立したゲームモードとして用意されている(他の作品では曲を選択するときもしくは選択後に譜面選択としてエディットデータを選べる)。
匿名利用者