「ジョニー・スミス」の版間の差分

m
チキンウィングフェイスロック
m (チキンウィングフェイスロック)
: アームホイップで相手を倒した後、スミス自身は相手の腕を取ったまま逆回転して、相手の腕にダメージを与える。テクニシャンとしてのスミスを象徴する技の一つ。
; ジョニーマジックII
: 相手の片腕を両腕で掴んで、その状態で相手の背後へ回り相手の腕を逆手にした状態で絞り上げる。さらに腕をロックしたまま、その腕へ自らの肩を数度ぶつけた後、片膝をつかせての[[チキンウィングフェスロック]]に移行する。'''スミスクラッチ'''とも呼ばれた。
; 腕極め式アバランシュ・ホールド
: 正面から[[ハンマーロック]]の要領で相手の片腕を極めたまま仕掛けるアバランシュ・ホールド。受身を取り辛くすると共に、叩き付けた衝撃で腕にもダメージを与える。
49,118

回編集