「船長」の版間の差分

自衛艦の艦長は1佐・2佐であり。連隊長に相当するわけではない。連隊長の相当するのは、護衛隊司令である。
(自衛艦の艦長は1佐・2佐であり。連隊長に相当するわけではない。連隊長の相当するのは、護衛隊司令である。)
艦長とは軍艦(自衛艦)の長である。
 
[[陸軍]]([[陸上自衛隊]])の[[連隊長]]に相当し、その責任は重く、自衛艦乗員服務規則においては、「艦長は、1艦の首脳である。艦長は、法令等の定めるところにより、上級指揮官の命に従い、副長以下乗員を指揮統率し、艦務全般を統括し、忠実にその職責を全うしなければならない。」(自衛艦乗員服務規則第3条)と謳われている。
 
また、自衛艦が遭難等で沈没する際も艦長は先に退艦することが許されず、「艦長は、遭難した自艦を救護するための方策が全く尽きた場合は、乗員の生命を救助し、かつ、重要な書類、物品等を保護して最後に退艦するものとする。」(自衛艦乗員服務規則第34条第1項)とされる。
匿名利用者