「ブルサ県」の版間の差分

地名のカタカナを分かる限りで修正:ニリュフェル、ビュユクオルハン、ハルマンジュク、オルハネリ
m (ロボットによる 追加: gag:Bursa)
(地名のカタカナを分かる限りで修正:ニリュフェル、ビュユクオルハン、ハルマンジュク、オルハネリ)
人口は1990年には1,603,137人、2000年には2,125,140人、2006年に2,412,971人でありかなり増加傾向にある。
 
ブルサ県の県の県庁所在地は[[オスマンガズィ]]。[[ギュルス]](Gürsu)、[[ニリュァーェル]](Nilüfer)、[[オスマンガズィ]]、[[ユルドゥルム]]をあわせて[[ブルサ|ブルサ市]]になっている。このためブルサ市が県都である。
ブルサはオスマン帝国が[[エディルネ]]を占領するまでの間オスマン帝国の首都であった。多くの歴史的建造物が残っており、オスマン時代から続く町並みを見ることが出来る。'''緑のブルサ'''として知られるほど町には多くの公園や緑地がみられる。
 
この県のうち[[ビュユコラクオルハン]](Büyükorhan)、[[ハマンュク]](Harmancık)、[[ケレス]](Keles)、[[オハネリ]](Orhaneli)は[[エーゲ海地方 (トルコ)|エーゲ海地方]]に分類されている。
 
==下位自治体==
1,256

回編集