「辻香織 (歌手)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
2003年12月、[[高田渡]]のカバー曲『コーヒーブルース』、オリジナル曲『スタンダード』両A面シングルで[[コロムビアミュージックエンタテインメント]]より、メジャーデビュー。
 
[[2004年]]2月、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]『[[HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP]]』に出演。カバーアルバム 『春待ち詩』発売。自身の音楽ルーツである、70年代フォークロックを中心としたカバーアルバムで話題を呼ぶ。
 
2004年4月、1stオリジナルアルバム『光る海』を発売。全国各地のインストアツアーを開始。5月には、東京、大阪、名古屋 ワンマンライブツアーを大成功に納める。
[[2005年]]2月、[[五輪真弓]]のカバー曲『少女』が[[廣木隆一]]監督作品『ラマン』のエンディングテーマに起用される。
 
2005年11月、コロムビアミュージックエンタテインメント第1弾ネットアーティストとして『プラム』で再デビュー。NHKNHKの朝のニュースやスポーツ新聞の一面に載るなど話題を呼ぶ。
 
[[2006年]]6月、2005年11月からネット限定の音楽配信で人気を集めた『プラム』、『グライダー』に新曲を加えたミニアルバム『夏風』を発売。発売日には、原宿クエストホールでのワンマンライブを成功させる。
 
[[2007年]]11月、自身初のセルフレーベルで2nd アルバム「Day by day」を発売。レコ発ワンマンライブを表参道FABFABで行う。
 
[[2008年]]1月、「Day by day」を全国流通にて発売開始。全国各地でインストアライブやツアーを開始。
 
2008年5月、[[いとうせいこう&POMERANIANS≡&POMERANIANS≡]]『カザアナ』にボーカリストとして参加。大阪・東京のツアーには、コーラスとして初参加。
 
2008年9月、自身2枚目となるカバーアルバム、『Fragrance Feat. 辻香織 「The Book of Love No.1 VARIETE」』発売。この頃から、ボーカリストとしての起用も多くなり始める。
2008年11月、[[したまちコメディ映画祭in台東]]にて、[[三遊亭あほまろ]]監督作品『ゆめまち観音』挿入歌『風渡る空~想いは遥か~』として参加。
 
[[2009]]年12月、下町3人組みユニット『ARUYOARUYO』を結成。メンバーは、[[池田貴史]]([[100s]]、[[レキシ]])、[[永友聖也]]([[キャプテンストライダム]])。
 
[[2010年]]6月、音楽ファイル配信という新しい形で、3枚目となるアルバム『走ル恋』の配信を開始。自身のWebsiteより隔週にて全7曲が配信される。
 
2010年9月、アルバム『走ル恋』リリース記念ワンマンライブを南青山『月見る君想フ』にて行う。ワンマンライブと同時にアルバム『走ル恋』USBUSBメモリーカード版の発売を開始。
 
== ディスコグラフィー ==
# '''Day by day''' (2008.1.25) ※セルフレーベル第1弾
# '''The Book of Love No.1 VARIETE'''(2008.9.17)※カバーアルバム
# '''走ル恋''' (2010.6.1) ※ダウンロード配信・USBUSBメモリ版
 
== CMCM ==
*マルシンハンバーグ(2010.9)
*DHCDHC化粧品(2010.10)
 
== 外部リンク ==
33,981

回編集