「レシェク1世」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
父が死ぬとサンドミェシュ公国の相続権を得たうえ、1194年から1227年にかけ、3度の廃位期間を除いて[[ポーランド君主一覧|ポーランド大公]]の地位にあった。しかし、治世は伯父の[[ミェシュコ3世]]及び従兄の[[ヴワディスワフ3世ラスコノギ|ヴワディスワフ3世]]が大公の座をめぐってレシェク1世と競合していた。従兄の[[オポーレ公国|オポーレ公]][[ミェシュコ1世プロントノギ|ミェシュコ1世]]に公位を奪われたりもしている。
 
1198年から1211年までのレシェク1世の治世に関する史料は、君主の座を巡る争いでレシェク1世が何度、いつの時期に廃位・復位したのかについて主張が分かれている。1210年の廃位は[[ミェシュコ1世プロントノギ]]が首位の公に擁立された騒動を中心として起きたものである。
 
1205年、レシェクは弟のマゾフシェ公コンラト1世と共に、[[マウォポルスカ]]で起きた[[ザヴィホストの戦い]]において、[[ハールィチ・ヴォルィーニ大公国|ルテニア]]の英雄[[ロマン・ムスティスラーヴィチ|ロマン]]大公を撃破した。[[1207年]]には、[[教皇|ローマ教皇]][[インノケンティウス3世 (ローマ教皇)|インノケンティウス3世]]の求めに応じ、[[ポーランド王国|ポーランド]]をローマ教皇の封土であると認めた。この事件は、中世ヨーロッパで長く続いていた教皇と[[神聖ローマ皇帝]]の権力争いにおいて、ポーランド国家が教皇派陣営に加わることを意味した。この後、レシェク1世はインノケンティウス3世による教会改革を推進していたグニェズノ大司教[[ヘンリク・キェトリチュ]]と強固な同盟関係を築いた。
{{s-start}}
{{s-bef|before=[[カジミェシュ2世]]}}
{{s-ttl|title=[[ポーランド君主一覧|ポーランド大公]]<br/>(1度目)|years=1194年 - 1198年}}
{{s-aft|after=[[ミェシュコ3世]]}}
{{s-bef|before=[[ミェシュコ3世]]}}
{{s-ttl|title=ポーランド大公<br/>(2度目)|years=1199年 - 1202年}}
{{s-aft|after=[[ミェシュコ3世]]}}
{{s-bef|before=[[ヴワディスワフ3世ラスコノギ|ヴワディスワフ3世]]}}
{{s-ttl|title=ポーランド大公<br/>(3度目)|years=1206年 - 1210年}}
{{s-aft|after=[[ミェシュコ1世プロントノギ|ミェシュコ1世]]}}
{{s-bef|before=[[ミェシュコ1世プロントノギ]]}}
{{s-ttl|title=ポーランド大公<br/>(4度目)|years=1211年 - 1227年}}
{{s-aft|after=[[ヴワディスワフ3世ラスコノギ|ヴワディスワフ3世]]}}
{{end}}
 
匿名利用者