「ティーツリー」の版間の差分

m
m (ロボットによる 追加: cs:Kajeput střídavolistý)
 
アロマテラピーとしてエッセンシャルオイルを用いたり、石鹸や洗浄剤へ配合し幅広く使われている。[[フケ]]を防止するためのティーツリーが配合されたシャンプーがある。[[歯周病]]、[[消毒]]、傷、[[火傷]]、[[カンジダ]]、[[白癬]]など菌が原因とされる疾患の殺菌を目的として全身に広く用いられる。有用な[[常在菌]]は殺菌されないため、安全だとされる。防臭効果もある。火傷や[[関節痛]]の痛みを軽減する。[[咳]]や[[風邪]]の場合に2滴ほど紅茶などに垂らし飲用して利用される<ref name="med">今西二郎「[http://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/1/1/1_53/_article/-char/ja メディカル・アロマセラピー]」『日本補完代替医療学会誌』Vol.1 No. 1(2004年)、pp.53-61</ref>。液状ではなく香りの状態で、[[院内感染]]の原因である[[メチシリン耐性黄色ブドウ球菌]]を殺菌する<ref name="med" />。
 
自然の[[抗真菌薬]]として、[[口角炎]]などの[[民間療法]]に用いられる。
 
[[口腔]]内のすぐれた殺菌作用や[[口臭]]予防作用があり、[[入れ歯]]の殺菌剤としても有効であった<ref>千葉栄一・新谷明喜 『オーラルケアのためのアロマサイエンス』 ISBN 9784894791237</ref>。ヒトから採取した[[歯垢]]にティーツリーを混ぜ、ティーツリーを除いてから培養し10種の菌を観察した結果、ティーツリー1%濃度の液では99.9%が殺菌され、原液では全く菌の発育が観察されなかった<ref>中澤太・中條和子・星野悦郎 「ヒト歯垢における Tea Tree Oil の殺菌作用」''Journal of oral biosciences'' Vol.46, No.5 (20040901) p.486</ref>。口腔細菌の発育を抑制し、歯垢形成を抑制する<ref>加藤哲男・高橋尚子ら 「口腔保健への天然物利用」 『日本歯科医学会誌』 No.25 (20060331) pp.82-86</ref>。ティーツリーを配合した歯磨き剤や洗口剤がある。
1,640

回編集