「マ・メール・ロワ」の版間の差分

加筆
(加筆)
{{クラシック音楽}}
'''マ・メール・ロワ'''({{lang-fr-short|'''Ma Mère l'Oye'''}})は、[[マザー・グース]]を題材にした、[[モーリス・ラヴェル]]の作品。原曲であるピアノ四手[[連弾]]の組曲、これを[[管弦楽]]曲に[[編曲]]した管弦楽組曲版、さらに[[バレエ]]用に増補された版がある。
 
== ピアノ連弾版 ==
原曲は、子供好きの(しかし独身であった)ラヴェルが、ラヴェルの友人であるゴデブスキ夫妻の2人の子、ミミとジャンとマリーのために作曲した、[[連弾]]の組曲である。[[1908年]]から[[1910年]]にかけて作曲されたといわれる。初演は[[マルグリット・ロン]]の弟子、[[ジャンヌ・ルルー]]とジュヌヴィエーヴ・デュロニーによって1910年[[4月20日]]、[[パリ]]・ガヴォーホールで開かれた[[独立音楽協会]]の第1回演奏会で行われた。
 
; 第1曲 眠れる森の美女のパヴァーヌ(Pavane de la belle au bois dormant)
:4/4拍子 Lent(ゆっくりと)
:[[シャルル・ペロー]]の童話集、マ・メール・ロワ(マザーグース)[[眠れる森の美女]]から。
; 第2曲 親指小僧(Petit Poucet)
:2/4拍子 Tres modere(とても中庸に)
:シャルル・ペローの童話集、マ・メール・ロワ(マザーグース)から。曲名に関しては「[[一寸法師]]」という訳があてられることもある。
; 第3曲 パゴダの女王レドロネット(Laideronette, impératrice des pagodes)
:2/4拍子 Mouvt de Marche(マーチのリズムで)
:[[ドーノワ伯爵夫人マリー・カトリーヌ]](1650頃 - 1705)の『緑の蛇』から。パゴダとは中国製の首振り陶器人形のこと。
; 第4曲 美女と野獣の対話(Les entretiens de la belle et de la bête)
:3/4拍子 Mouvt de Valse tres modere(とても中庸なワルツのリズムで)
:[[マリー・ルプランス・ド・ボーモン]](1711 - 80)『子供の雑誌、道徳的な物語』からの「[[美女と野獣]]に基づく。
:評論家[[ロラン・マニュエル]]は、[[エリック・サティ]]の[[ジムノペディ]]の影響を指摘している<ref>アービー・オレンシュタイン、井上さつき訳『ラヴェル 生涯と作品』音楽之友社、2006年、219ページ</ref>。
; 第5曲 妖精の園(Le jardin féerique)
:3/4拍子 Lent et grave(ゆっくりと荘重に)
 
== バレエ版 ==
バレエ版はテオトル・デ・ザールの支配人、ジャック・ルーシェからの依頼により、1911年から翌[[1912年]]初頭にかけ、ラヴェル自身の台本とともに、て編曲。を入れ替え、新たな曲(前奏曲、紡車の踊り、複数の間奏曲)を付け加える形で編曲された。初演は1912年[[1月28日]]であ、ラヴェル自身の台本、ジャンヌ・ユガール夫人の振付、ガブリエル・グロヴレーズの指揮によ。バレエ版は依頼主のジャック・ルーシェに献呈された
 
* 前奏曲(Prélude)
;[[弦楽器]]
:[[弦楽合奏|弦五部]]
 
== 脚注 ==
<references/>
 
== 関連事項 ==
*『[[子供の情景]]』([[ロベルト・シューマン]])
*組曲『[[ドリー (フォーレ)|ドリー]]』([[ガブリエル・フォーレ]])
*『[[子供の領分]]』([[クロード・ドビュッシー]])
*歌曲集『[[子供部屋 (ムソルグスキー)|子供部屋]]』([[モデスト・ムソルグスキー]])
 
==メディア==