「チェレンコフ放射」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Advanced Test Reactor.jpg|thumb|230px|アメリカ/アイダホ国立研究所内にある新型実験炉で観測されたチェレンコフ放射の例]]
 
'''チェレンコフ放射'''(ちぇれんこふチェレンコフほうしゃ、Čerenkov radiation、Cherenkov radiation)とは、[[荷電粒子]]が物質中を運動する時、荷電粒子の速度がその物質中の[[光速度]]よりも速い場合に光が出る現象。'''チェレンコフ効果'''ともいう。このとき出る光を'''チェレンコフ光'''、または、'''チェレンコフ放射光'''と言う。
 
この現象は、[[1934年]]に[[パーヴェル・チェレンコフ]]により発見され、チェレンコフ放射と名付けられた。その後、[[イリヤ・フランク]]と[[イゴール・タム]]により、その発生原理が解明された。これらの功績により、この3名は[[1958年]]の[[ノーベル物理学賞]]を受けた。
==関連項目==
* [[荷電粒子]]
 
{{DEFAULTSORT:ちえれんこふほうしや}}
[[Category:素粒子物理学]]
匿名利用者