「バヤズィト1世」の版間の差分

ギュルチチェク・ハトゥン
(ギュルチチェク・ハトゥン)
'''スルタン・バヤズィト1世'''('''Sultan Yıldırım Bayezid''', [[1360年]] - [[1403年]])は、[[オスマン帝国]]の第4代[[オスマン帝国の君主|皇帝]](在位: [[1389年]] - [[1402年]])。
しばしば'''バヤジット1世'''と表記される。
[[ムラト1世]]の子で、母ギュルチチェク・ハトゥン(トルコ語:Gülçiçek Hatun)は[[ギリシャ人|ギリシャ系]]の[[キリスト教徒]]と考えられている。
 
父の存命中から軍を率いて軍事的才能を発揮。果断で迅速なことから、「'''雷帝'''(ユルドゥルム Yıldırım)」と言うあだ名を与えられた。
1,256

回編集