「僧位」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''僧位'''(そうい)とは日本において[[僧侶]]に対し与えられた[[位階]]のことである。
 
以前から僧位らしいものはあったが[[760年]]([[天平宝字]]4年)大法師位のもとに伝法位と修行位がおかれ伝位と修行位とにそれぞれ法師位、満位、住位、入位の4種の位階が置かれた。[[864年]]([[貞観 (日本)|貞観]]6年)には[[僧綱]]に対応する僧位として[[僧正]]に法印大和尚位(略して法印ともいう)、僧都に法眼和上位(略して法眼ともいう)、律師に法橋上人位(略して法橋ともいう)が与えられた。
 
[[平安時代]]後期以降は[[定朝]]が叙されたのを皮切りに、[[仏師]]や[[絵仏師]]、[[連歌師]]などにも与えられるようになった。[[近世]]になると絵師が任命される例が増え、武士の入道、[[儒者]]、[[医師]]などにも及んだ。仏師や絵師といった[[芸術家]]の場合、現代の[[人間国宝]]に喩えられよう。