「小田切秀雄」の版間の差分

m
m (ロボットによる 追加: zh:小田切秀雄)
東京出身。左翼運動で旧制[[東京府立高等学校]]から放校された後、[[法政大学]]国文科卒業。
 
[[1941年]]、『万葉の伝統』で注目されたが、[[1943年]]応召、[[1944年]]逮捕された。戦後、雑誌『[[近代文学 (雑誌)|近代文学]]』の創刊に加わる。法政大学教授を勤め、1965年学園紛争で学長と理事が総辞職した際[[総長]]代行を勤めた。
 
1988年『私の見た昭和の思想と文学の五十年』で[[毎日出版文化賞]]受賞。『小田切秀雄全集』全18巻がある。